GettyImages-1210917693.jpg

Eコマー

最終形、

登場。

S2b2Cモデル

S2b2Cモデルは、LoveStock CHINA(ラブストックチャイナ/本社・上海/中国名:愛庫存aikucun)の創業者兼会長の王敏(Wang Min)によって、2017年9月、サービスが開始されました。Sはメーカーやサプライヤー、bはビジネス(小文字のとおりスモールビジネスを意味しソーシャルバイヤーや小売店を指します)、Cはコンシューマーやカスタマーなど一般消費者を意味します。

S2b2Cモデルは、ソーシャルバイヤーが売り手の中心となって、SNSなどで繋がっているフォロアー(C)に商品を販売するスタイルで、中国では急成長のECモデルです。

LoveStock CHINA は、2017年にサービスを開始してわずか3年で売り上げ2,800億円超(*1)を記録。取り扱う商品は、衣類、バッグ、靴、化粧品、家具、デジタル商品、食品など11ジャンルで10,000のブランドを扱い、1日当たり10億円(*1)を売り上げる人気ぶりです。

利用者は4.7億人超(*2)、ソーシャルバイヤーは220万人(*2)を超えており、生産・流通・販売・サービス・広告など、これまでの販売スタイルを変える画期的なモデルとして注目されています。

 

*1…2020年現在 *2…いずれもサービス累計

S2b2C_01.png
S2b2C_02.png